ドラゴンタイガーってどんなカジノゲームなの?

ドラゴンタイガー

ドラゴンタイガーとは、仮想の二人「ドラゴン」と「タイガー」の、どちらが勝つかを当てる、カードゲームのひとつです。

 

カードを配るのも、カードを開くのも、ディーラーが行うため、プレイヤーは「チップを賭けるだけ」というシンプルなゲームです。

 

【ドラゴンタイガーのゲームの流れ】

 

ドラゴンタイガーを開催しているテーブルがあれば、いつでも自由に座って勝負を開始することができ、止める場合も、自由に席を離れても構わないというのが、ドラゴンタイガーのカードゲームの特徴です。

 

テーブルの上には、カジノによって表記の違いはありますが、基本的には「龍」と「虎」の文字があり、その真ん中には「和」があります。

 

賭けたい場所へチップを置くのですが、ディーラーが「No moreBed」と言うまで、チップを置いたり、移動したりすることができます。

 

「No moreBed」とディーラーが言うと賭けが締め切られ、ディーラーからカードが配られて勝敗が決まります。

 

ドラゴンタイガーは基本的に二択で、二択以外に「和」という「タイ、引き分け」があります。しかし、カジノによってルールに違いがあり、スモールやビッグ、奇数、偶数等の賭け方があるので、ドラゴンタイガーを始める前にルールの確認をしておきましょう。

 

【ドラゴンタイガーの基本ルール】

 

ドラゴンタイガーのルールは簡単で、それぞれ1枚ずつカードが配られ、数字が大きい方が勝ちになります。勝てば、配当は「2倍」になります。

 

同じ数字は引き分けとなり、当たらなければ「賭け金の半分を没収」されます。ちなみに「和」を選び、当たった場合は、配当が「9倍」になります。

 

ドラゴンタイガーの場合は、「K」が一番強く設定されており、「A」が一番弱い設定になっています。

 

他のカジノゲームをやっていると、「A」が一番強いと思って勘違いする時がありますので、要注意するようにしましょう。

 

ドラゴンタイガーのルールというのは様々なあり、ドラゴンやタイガーの数字が奇数になるか、偶数になるかを当てるというルールを採用しているカジノもありますし、「1、2、3、4、5、6」をスモールとし、「7、8、9、10、J、Q、K」をビッグとして、ドラゴンとタイガーのどちらかが、スモールかビッグかを当てるルールを採用しているカジノもあります。

 

ちなみに、どちらも配当は「2倍」になります。

 

【ドラゴンタイガーの攻略法としては】

 

プレイヤー自身はなにも手を出せないので、カジノのスキルを活かすことができないため、運任せゲームになります。

 

なので、チップの賭け方でコントロールするしか攻略法がありません。

 

【まとめ】

 

ドラゴンタイガーは、カジノの中でもとてもシンプルでルールも簡単なので、初心者の方にもチャレンジしやすいカジノゲームになっています。

 

運任せのところがあるので、うまくチップの賭け方をコントロールすることで、勝率を上げて、儲けていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)