バカラコントロールスクイーズってどんなカジノゲーム?

バカラプレイヤーにとって、バカラの最大の魅力と言えば「スクイーズ」と答える人も多いと思います。

 

スクイーズとは「絞り」のことで、カードの数字を指で隠し、少しずつめくっていき、マークの配置を見て、自分がもらったカードの数を確認するという緊張感があります。

 

通常なら誰でもスクイーズができるわけではなく、最高額をベッドしたプレイヤーにだけスクイーズをする権利が与えられるのですが、バカラコントロールスクイーズは「全てのプレイヤーにスクイーズをする」ことができます。バカラコントロールスクイーズの特徴はここにあります。

バカラコントロールスクイーズのルールは、バカラと基本的に同じです。

 

スクイーズがあるかないかの違いだけです。

 

バカラは、バンカーとプレイヤーのどちらが勝つか当てるカードゲームになります。

 

通常のバカラならカードを配るのも開くのも「ディーラー」が行い、プレイヤーはチップを賭けるだけてのシンプルなゲームなのですが、バカラコントロールスクイーズの場合は、ディーラーが配ったカードをめくることができます。

 

配られたカードの1枚目からスクイーズするのではなく、バンカーの2枚目など「勝負が決まる可能性があるカード」をスクイーズすることにより、勝負の臨場感を増して、盛り上げることができます。

スクイーズするのにやり方が特別あるわけではありません。面倒だからとパッとめくってカードの数を確認するのも構いませんし、時間をかけて徐々にめくっていっても構いません。

 

スクイーズしたカードは、めくらないと必ずいけないわけではなく、カードの内容によっては、半分めくってから元に戻すことも可能です。

スクイーズする時のやり方として「縦向き」スクイーズか「横向き」でスクイーズするプレイヤーが多いです。

 

縦向きだと、カードの端を持ち、ゆっくりとカードの端のマークが見えるまでめくります。この時に、数字が見えないように指で隠すことがポイントです。

 

カードの端のマークまで持ち上げ、なにも見えなければ「A」、マークが1個見えると「2か3」、マークが2個見えると「4〜10」、絵柄が見えると「JQK」のどれかということになります。

横向きにスクイーズする時も縦向きと同じように、カードの端を数字が見えないように持ち、めくっていきます。横向きで途中までめくると、マークが2個見えると「4か5」でマークが3個見えると「678」のどれか、マークが4個見えると「9か10」になります。見えない場合は「A」で、絵柄は「JQK」なので、縦向きと同じです。

バカラコントロールスクイーズについて説明してきましたが、バカラと基本的にルールは同じで、他のバカラと違うところは、スクイーズできるのがプレイヤー全員ができるというところです。

 

全員でスクイーズしていると、緊張感があり、興奮します。

 

しかし、全員がスクイーズするため、特別にめくるのが遅いプレイヤーとか出てきますので、1ゲーム自体に時間がかかるというのが欠点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)