オンラインカジノのブラックジャックてどんなの?

ブラックジャック

ブラックジャックとは、プレイヤーとディーラーで勝負するトランプゲームです。

 

ディーラーから配られたカードの合計が「21」を超えないようにしながら「21」に近づけ、ディーラーよりプレイヤーの方が「21」に近ければ勝ちになります。

 

他にもブラックジャックには細かいルールがありますが、基本的には今説明したルールで、ブラックジャックの勝ち負けが決まります。

 

実際のカジノでもオンラインカジノでも、ブラックジャックは最も人気があり、本場のカジノは、プロのブラックジャックプレイヤーが存在するほどの高い人気を誇っています。

 

カジノゲームというのは、運の要素を強く持っているゲームが多くあります。

 

人それぞれだと思いますが、カジノゲームと言われて思い浮かべるのが、まずは「ルーレット」だという人が多いと思いますが、ルーレットには戦略性の入り込む余地がないです。

 

賭け方には戦略性があるのかもしれませんが、どの穴にボールが落ちるかは、プレイヤーの能力によって左右されることはありません。

 

つまり、勝ち負けは運任せということになります。

 

 

「バカラ」や「スロット」もプレイヤー次第で勝ち負けを左右できないゲームだと思っています。

 

そのように考えると、ブラックジャックはカジノゲームの中では特殊な部類に入るかもしれません。

 

カードを引くのか、引かないのか、ダブルダウンするのか、しないのかは、プレイヤー次第の判断で、その判断が勝ち負けを左右するのです。

 

ディーラーのカードを予測したり、それに対して戦略を立てたりすることが、とても面白いと感じます。

 

ブラックジャックの手順としては、まず「プレイヤーが賭け金となるチップ」をテーブルに置きます。

 

それぞれのテーブルごとにミニマムベットつまりベットする最低額が設定されており、その設定金額以上のチップを置くことになります。

 

ゲームの参加者全員が賭け金のチップを置き終わると、ディーラーとプレイヤーに、「2枚ずつ」カードを配られます。

 

プレイヤー全員は表向きに2枚配られますが、ディーラーだけ、1枚は表向き、1枚は裏向きになっています。

 

プレイヤーたちは、そのディーラーのカード合計を予測しながら、配られた自分のカードの合計を比べて、さらにカードを貰うか、やめるかを判断します。

 

参加しているプレイヤー全員が確定した段階で、ディーラーは伏せてあるカードを表に向け、ディーラーの合計を披露します。

 

そのディーラーの合計と自分の合計を比べてより「21」に近い方が勝ちになります。

 

単純なゲームなように見えて、とても奥の深いゲームです。

 

深く考えれば考えるほど、慎重になってしまい、ディーラーに負けてしまうこともありますし、大胆に勝負したら21を超えてしまい、負けてしまうこともあるので、なかなか一筋縄ではいかないカジノゲームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)