ドリームキャッチャーの簡単なルール!

ドリームキャッチャー

【はじめに】

 

今回ご紹介するゲームは「ドリームキャッチャー」です。

 

そう聞いて「あれか!」となる人は少ないと思います。

ドリームキャッチャー」の簡単なルール】

 

この種類のゲームは別名ホイールオブフォーチュンとも呼ばれています。

 

これはとても簡単なゲームの一種で、回転している大きな的のようなものに数字が書いてあり、中心には針があります。

 

それをディーラーが回転させ、どの数字で止まるかを当てるという内容です。

 

その中でもドリームキャッチャー」は、円盤が特殊だったり、支払われる額が高かったりと、人気のあるゲームです。

 

ゲームの流れをご紹介します。

 

1:まず、賭け金を決めて、自分のベットしたい数字に賭けます。複数の数字に同時にベッドすることもできます。

 

2:ベットしたら、次にディーラーが手で的を回します。ここが面白いのですが、もちろんその的を回す際の、ディーラーが的に触れる力や回数、また、違うディーラーやその時々のディーラーによって全く違ってきます。本当に運という感じですね!

 

3:ディーラーが手で的を回し、それが停止して頂上に付いている針のようなものによって止まった数字が表示されます。

 

4:自分がベッドした数字と止まった数字が同じだった場合に配当が当たります。

 

以上が簡単な流れになります!

 

とても簡単ですよね?では、次に詳しいペイアウトについてご紹介いたします。

 

ドリームキャッチャー」のペイアウトについて】

 

ペイアウトとは、配当のことです。
基本的に、自分がベッドした賭け金で、当たった倍率で配当が当たります。

 

例えば、数字が1なら賭け金の1倍。数字が2なら賭け金の2倍。数字が5なら賭け金の5倍というような具合です。

 

ドリームキャッチャー」では、基本的に、1、2、5、10、20、40といった数字が並んでいます。

 

その倍率によって、的の中に配置されている割合が少なかったりするので、倍率が高いと当たりにくい仕組みにはなっています。

 

ここからが、面白いところで、Multiplierというマスが存在します。

 

2倍のマスと7倍のマスが存在していて、このマスに止まることで、もう一度、ディーラーにより、的が回転されます。

 

そして、賭けた数字に見事的中したとしましょう。

 

すると、その配当額の2倍や7倍の額が配当として当たります。

 

夢がありますよね?

 

例えば、10ドルを40に賭けていて、7倍に当たったとしましょう。

 

10×40×7=2800ドルになります。まさに、ドリームキャッチャーですね。

 

【最後に】

 

以上がドリームキャッチャー」のルールなどでした。

 

どうでしたか?

 

このゲームの醍醐味は何と言っても簡単に夢が買えることにあると思います。

 

頭脳を使うこともなく、ディーラーのその時の手加減で、変わってくるので、それも醍醐味とも言えます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)