スーパーシックボーの簡単な流れとルール

スーパーシックボー

【はじめに】

スーパーシックボーって聞いてことありますか?

 

あまり、一般には有名ではないのですが、オンラインカジノの世界ではしばしば出てくるゲームです。

 

今回は、そのスーパーシックボーのルールとこのゲームの醍醐味をご紹介していきます。

 

スーパーシックボーの流れ】

 

このゲームは中国が発祥のゲームです。

 

シックボーというのが、大小という意味です。

 

日本人には、丁か半か?でおなじみの丁半を連想するとイメージが湧きやすいと思います。

 

簡単にいうと、ディーラーが振った3つのサイコロの出た目を予想して配当がもらえるというゲームです。

 

ゲームの流れとしては、

 

a:プレイヤーがテーブル上の任意のサイコロの出目予想をしたところにベットします。

 

b:ベットが完了したら、ディーラーがダイスをシャッフルするので、結果を待ちます

 

c:その賭けた出目に応じた配当がプレイヤーに支払われます

 

以上が、基本的なスーパーシックボーのゲームの流れです。とても簡単ですよね?

 

先ほども言ったように、ゲームの流れは「丁半」とほとんど同じです。

 

丁半「丁(偶数)」か「半(奇数)」かを当てるゲームに対して、シックボーでは、いくつかの当て方が存在します。

 

スーパーシックボーのルール】

 

様々な当て方をご紹介していきます。5つほどありますが簡単なので覚えてしまいましょう!

 

1:大小を当てる

 

サイコロの出目の合計が10以下なら「小」11以上なら「大」となって、配当はが配られます。

 

ただし、3つのサイコロがゾロ目の場合は、配当は当たりませんので注意してください。

当たった場合の配当は1倍です。

 

2:合計値を当てる

 

別名、トータルベットと言われたりもします。

 

このトータルベットの当たりとなる合計値の範囲は4~17になります。

 

3と18は、全てゾロ目になる場合になるため、こちらも配当が当たりませんので注意してください。

 

配当は、数字によって違うので、悩みどころです。

 

3:出目を当てる

 

別名、ナンバーベットとも言われたりします。

 

これは、単純にサイコロの出目を当てるだけです。

 

1を選んだ時に、1が2回出れば2倍と言ったように、3回の中で当たった回数によって配当が変わってきます。

 

4:サイコロの出目を2つ当てる

 

出目を2つ当てる方法は2つほどあります。

 

ダブルベット、1-1など、2つがゾロ目になる事に対して賭けるものペアベット、2個とも違う出目が出ることに対して賭けるもので、ダブルベットの方が配当が高い傾向にあります。

 

5:ゾロ目を当てる

 

ゾロ目を当てる方法に関しても2種類あります。

 

トリプルベット、ゾロ目となる数字だけを指定する方法で、的中率は低いものの、当たると大きな配当が特徴です。

 

エニートリプル、数字は決めずに、単にゾロ目が出ることを予想する方法で、トリプルベットよりは配当は低いもののなかなか高い配当になっています。

 

以上がスーパーシックボーのルールです。

 

このように、スーパーシックボーは、日本における丁半よりももっと複雑な賭け方ができたり、色々な勝ち方があるので、そこに夢中になる理由があるのかもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)