カジノホールデムの簡単なルール!これを見れば完璧!

【はじめに】

 

カジノホールデムというの、そもそもポーカーの一種です。

 

別名、カジノホールデムポーカーやカリビアンホールデムポーカーとも呼ばれます。

 

テキサスホールデムパーカーをカジノと対戦するよう仕様となったのが、カジノホールデムです。

 

ちなみに、このゲームは、徐々にいろんな国で遊ぶことが許可されたものです。

 

現在は、日本ではもちろん禁止ですが、世界中のカジノでプレイできるようになっています。

 

もちろん、オンラインカジノもその一つです。

 

 

カジノホールデムのルール】

 

では、簡単に、ご紹介していきます。

 

まず、プレイヤーに配られる2枚のカードがあります。

 

そのカードと、テーブルに配られる5枚のカードの合計7枚をうまく組み合わせてカジノのディーラーよりも強い組み合わせの役を作るというゲームです。

 

以上なので、とても簡単ではあるのですが、しっかり流れとともに説明していきます。

 

1:プレイヤーは、Anteという場所に賭け金をベッドします。

 

それと同時に、AAボーナスサイドベットという場所もベッドすることができます。

 

このAAボーナスサイドベットは、自分の手札が、AAのワンペアかそれ以上の役になった時にボーナスとして配当が当たるというものです。

 

2:ベッドしたのちに、プレイヤーとディーラーに2枚のカードが配られます。

 

もちろん、裏向きです。

 

3:そして、3枚のカードがテーブルに配られます。ここのカードは表向きです。

 

4:以上のカードが出揃ったところで、ポーカーと同じく、フォールドするのか、コールをするのかを決定します。

 

ここでいうフォールド=勝負を降りること、賭け金が没収されます。

 

逆に、コール=最初のAnteの時にベッドした賭け金の2倍を追加でベッドします。

 

5:いい手札があり、コールして勝負を続けることになった場合、ディーラーは2枚のカードをテーブルに配ります。これで、テーブルのカードは全てで5枚になります。

 

6:プレイヤーとディーラーは、各自に配られる2枚のカードと、場(カジノテーブル)に配られる5枚のカードの合計7枚のカードのうち、5枚を組み合わせてベストな役を作ります。

 

7:プレイヤーとディーラーの役をいざ勝負です。

 

以下の4パターンがあるので、ご紹介します。

 

a:ディーラーの役で、4のペア以上が出来ていないこともあります。

 

その時は、クオリファイ出来ていないということになります。

 

一言でいうと、ディーラーは、フォールドしたも同然となり、プレイヤーの勝ちになります。

 

この時は、少し特殊で、Anteの賭け金は、プレイヤーの役により、配当として配られます。

 

コールの賭け金は、そのまま引き分けとなります。

 

b:ディーラーがクオリファイできた場合、プレーヤーの揃えた役がディーラーより強い時、プレイヤーの勝ちとなります。

 

Anteの賭けは払い戻し倍率の通りに配当されます。途中のコールの賭け金は1倍で支払われます。

 

c:ディーラーがクオリファイした場合、プレイヤーの揃えた役とディーラーの役が同じ強さになった時は、引き分けとなります。

 

d:ディーラーがクオリファイした場合、プレーヤーの揃えた役がディーラーより弱い時、プレーヤーの負けとなります。もちろん、賭け金は全て没収されることになります。

 

【まとめ】

 

以上が、カジノホールデムの簡単なルールと流れでした。

 

とても簡単ですよね?

 

ほとんど、ポーカーと変わらないルールなので、取っつきやすいカジノのゲームの一種ですね。
ぜひ、オンラインカジノで見かけたときは、この記事を参考に楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)